<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ケータイ機種変更 | main | MEDIA SKINを見に行く >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

Apple TV

いや、買ったわけじゃないです(笑)
先日のアップデートで、QuickTimeが7.1.5になりましたが、例によって変更点などをまともに確認もせずに「アップデート」ボタンをクリックしたため、今さら気づいたこと。
QuickTime Playerの書き出し設定に「ムービーからApple TV」が追加されている!
って、さんざん既報っぽい話ですけど。


で、さっそくこの設定で書き出しを実行してみました。ソースはテレビで録画したBonnie Pinkの「Anything For You」のビデオクリップで、SD画質(640x480)のMPEG-2です。比較対象として、同じソースをQuickTimeを使って「ムービーからiPod」用に変換したものを準備。

←「ムービーからiPod」


←「ムービーからApple TV」


Apple TV用の変換設定は、「720(横幅)に対応」とのことですが、さすがにソースが640のものを拡大してくれるわけではないみたいです。ただ、ビットレート(データレート)が上がってますね。もっとも、このビットレートだと、iPodには転送できませんが。現状だとApple TV所有者は、iTunesに「Apple TV用」と「iPod用」の2つの動画を入れておかないといけないことになります(画質を追求するなら)。Appleがこのへんの二律背反(大げさ!)を放置するわけはないので、近いうちにApple TV互換の新iPodが登場することは間違いなさそう。

なんといっても、iPodの発売当初のキャッチは「iTunes to Go!」ですからね。
Yu * - * 18:45 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:45 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ