<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< .Macアップデート | main | さよなら、マイクロソフト >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

Expo初日は静かに過ぎる

ウワサされていたPower Mac G5のリニューアルはないようですね。Classic環境が動作する最後のPower Macとして、デュアルコアでデュアルプロセッサ、つまり4wayの新製品を密かに期待していて、買う気マンマンだったのですが。2日目以降の発表なんてないでしょうから、今回は.Macのリニューアルのみなんですかね。
それはさておき、今日、J-WAVEで月-金の21:50〜22:00に放送されている「THE DAYS」(小山薫堂氏がパーソナリティ!)という番組に、Apple Japanのいちばんエライ人こと前刀禎明氏がゲストとして出演されてました。
彼が元SONYの中の人だったというのは有名な話ですが、彼がSONYに入社したのは、SONYの前会長の「唯一無二(の存在、モノ)を追い求める」という理念に惹かれてのことだというような話をされてました。
皮肉なのは、SONYのアイデンティティである「WALKMAN」ブランドを、結果として破壊する側の責任者として、創業者の理念を信奉する前刀氏が立ちはだかる形になったことですね。今のSONYにも、同じような理念を持つ人は数多いのでしょうが、そうした人々の成果物が表に出てきにくい体質になってしまっているように感じます。ただ、前刀氏も責任者という立場だからこそ理念を追い求められるという側面もあるわけで(いや、アメリカ本社の意向をトレースしているだけだ、という指摘はナシで)、組織の中の個人というのは難しいものだと考えさせられました。
ところで、前刀禎明氏のような成功者を語るときに、必ず付いて回るのが「学生時代は落ちこぼれだった」というエピソード。アイドルの「お姉ちゃんが勝手に応募したら合格しちゃってそのままデビュー」エピソードと並ぶ頻度で出てくる話です。氏もご多分に漏れず、この属性を備えていたというのが今日の話だったんですが、これを聞いて、私は自分の子供には勉強させまいと誓ったのでした。まだいないけど(笑)
前刀禎明氏は、金曜日までゲスト出演が続くそうなので、興味のある方は聞いてみてはいかがでしょうか。
Yu * - * 01:14 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 01:14 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ